ホーム

客員研究員との対談その2 <後編>足元を大切にした暮らしがシアワセ

海洋冒険家
八幡 暁(やはた さとる)

東京都生まれ。現在は神奈川県在住。2002年、「海と共に暮らす人々は、どのように生きているのか」をテーマに人力航海の旅「グレートシーマンプロジェクト」をスタート。フィリピンー台湾海峡横断(バシー海峡)など世界初となる航海記録を複数持つ。身の丈+10センチをサポートするツアー会社「手漕屋素潜店ちゅらねしあ」、お遍路さんの海版のように日本の漁村を訪ねる「海遍路」や、都市生活における水辺を取り戻す活動「じゃぶじゃぶ」、地域を楽しく紡ぎ直す一般社団法人「そっか」など「生きる」ことをベースにした活動は多岐にわたる。
http://www.churanesia.jp/gsp/

所長きむら
お待たせしました、後編です。「自分の半径5kmを大切に生きる〈前編〉」では、八幡 暁さんが海の民を訪ねる人力航海の旅「グレートシーマンプロジェクト」に至った経緯や、これまでの生き方について伺ってきました。
所員くどう
後編では、八幡さんが大切にしている暮らしや、石垣島から神奈川に移住した後に取り組んでいる、様々なプロジェクトについても聞いてみたいと思います。
所員よしだ
僕も、お話の続きを楽しみにしていました!よろしくお願いします。
八幡さん
はい!よろしくお願いします!

自分の足元から、すべては始まっている

きむら

現在は、神奈川県・逗子に住まいを移されたのですよね。新たな活動も始まっているとか?

八幡さん

そうですね。現在、暮らしている逗子では、海で一緒に楽しむ仲間を増やしたい! という思いから、地域に根ざした「海のこども会」を開催しています。2014年からは、都市生活における水辺を取り戻す活動として、川を自分の足で歩く「じゃぶじゃぶ」を開始しました。

きむら

首都圏に戻ったからこその活動も多くありそうですね。その背景には、どんなきっかけがあったのでしょうか?

八幡さん

住まいは、嫁の実家が神奈川県ということもあって。実は、都市に近い生活であればどこでもよかったんです。 震災後の様子をみて、自分がこれまで経験してきたことや、感じていることを子どもたちや大人に伝えたいと思いました。関東に戻ったのは、都市生活の中でも自然に触れる機会を持つことで、「自分の足元が楽しい」という体験を多くの人に広めることが必要だと考えたからです。

くどう

八幡さんのお話を伺っていると、場所はどこであれ自分の意識しだいで楽しめるんだみたいなところが、BESSの考えとも近いなと感じています。

八幡さん

そうかもしれません。東京などの都会では、自分の足元がどうなっているのか、知る機会が少ないですよね。自然が身近にあってもつながらない。だけど、自分が立っている足元から、すべては始まっているんですよね。

きむら

これまでの旅や地域活動もそうですが、「じゃぶじゃぶ」は、身近な川で開催することを目的としていますよね。それは、今の八幡さんの思いと深くつながっている感じがします。

八幡さん

「じゃぶじゃぶ」は、情報を消費して頭でばかり考えるのではなく、実際に川におりて歩くことで感じてみようというものです。今はインターネットでつながりやすい世の中ですが、地球はネットではなく水でつながっています。中でも川は身近な場所なのに、川で遊ぶという人は少ない。自然はあるのに、なんだか近くて遠い存在になっています。

経済圏のルールを疑う、五感で感じる

神奈川県逗子市での「海の子ども会」。毎週金曜日の放課後、参加費無料・誰でも参加可能で海でただ遊ぶ場。

八幡さん

僕は「楽しい」の原体験になることを、大切にしたいと思っています。楽しいことをやると、怒られることもありますけれど(笑)。楽しいからこそ、興味が持てると思います。

くどう

怒られることもあるんですね(笑)。楽しいのに、怒られる。相反することのようにも思えます。

八幡さん

はい。自然があっても、社会の中でなぜか「立入禁止」となっているところってあるんですよ。でも、それってどうしてだろう?と考えたり、何よりも五感で感じることや、 時には経済圏のルールを疑うことも必要じゃないでしょうか。

きむら

社会が決めたルールは、確かにたくさんありますからね。

八幡さん

日本には、禁止事項が多くあります。なぜ禁止されてるのか分からないことも多いです。誰かが真似をするからやめろという心理・常識という固定概念もあるでしょうし。国の所有地には、入れないのが現状の日本のルールとなっています。おそらく、責任問題との戦いもあるのではないかと。それで、僕は怒られることもあります(笑)

きむら

それも、考えさせられますね。どうしてルールがあるのか、そこから考えてみることもできそうです。怒られてもなお、八幡さんは続けていますよね。

八幡さん

はい。怒られることはあっても、違法性はないんですよ。僕とは違うアプローチもあると思うので、いろんな形で実践できる人が増えるといいですね。

足元を知ることは、見えない世界を知る機会

自分たちも体験してみようと、いざ目黒川に。いつもと目線を変えるだけでも、違う視点が生まれる気がした。

八幡さん

ところで、目黒川ってどんなイメージがありますか?今日は、実際に研究所のみなさんと歩いてみたいと思います。では、入ってみましょう。

きむら

桜が綺麗なイメージですかね。でも川そのものは、都会のドブ川のようなイメージを持っていましたが、意外ときれいですね。ところで、どうして目黒川をじゃぶじゃぶすることになったのですか?

八幡さん

目黒川に来たきっかけは、「桜の季節にカヤックで行ってみようよ」と誘われたことでした。 逗子に住み始めた1年後くらいのことです。東京湾から目黒川をカヤックで遡上していくと水位的に、中目黒までしか行けなくて階段から地上にあがることに。すると、鍵がかかっていてフェンスもありました。乗り越えて行こうとしたら、4カ国語くらいで「立入禁止」の文字がありました。なんで立入禁止なのか、そもそもこの川はなんだろう?と思いましたね。

くどう

目黒川って、水源はどこなんですか?

八幡さん

元は、この付近の湧水です。自然の川なんですが調べてみると、今の目黒川は浄水場で浄水された水を流しているんです。じゃあ、元の自然水はどうしたんだろう?という疑問がわいてきました。実は、その自然水は下水管に流れています。大雨が降ると、下水管がオーバーフローして、目黒川に初めて自然水が流れてくるんです。しかも、汚水も一緒に流れ込んでくるんです。

きむら

そんな仕組みになっているんですか。

八幡さん

普段流れている水は綺麗なんだけど、雨の後は台所の排水やトイレの汚水が流れているんです。それが、ものすごく臭いんです。「目黒川って、自分の家の汚水で汚しているんだ」という実感が、そこでようやく湧いてくるんです。自分の足元を知るということは、結局そういうことなんだと思いました。だから僕たちは、翌年の夏までに、徹底的に綺麗にして遊び場にしよう!と考えました。

もちろん、行政も放ったらかしということはなく、改善もされているんですけど。関東周辺の汚水が、東京湾に集まっていることを知ると、問題意識を持てると思います。そうした知ることを、楽しみながらできる仕組みを、いろんな地域でつくれるといいですね。 学校で教える環境問題って、なかなか見えなくて遠く感じてしまうと思います。「じゃぶじゃぶ」は、目黒川だけでなく、いろんな地域で開催しています。

くどう

実際に川を歩いてみると、すごい大変ですね。

八幡さん

川を歩くだけで、脳をフル回転させているんですよ。足下は不安定で、苔がはえていたり、ぬかるみもありますよね。

くどう

歩いて初めて分かること、視点の違いに気づかされますね。

八幡さん

はい。そういうことを知ることも楽しいですからね。川の環境面で改善できることなら、改善してもいい。仮に結果的に改善されなくても、「じゃぶじゃぶ」をするなど自分の足元を知ることで、みんなが仲良くなるならいいと思います。

楽しいことをまずやって、とことん楽しむ

目黒川での「じゃぶじゃぶ」。川をただ歩くだけ。歩きながらゴミを拾う。それだけの行為でも気づくことがたくさん。

きむら

僕たちBESSも、足元にある暮らしを大切にしてきました。足元にあることや不便さも隠さずに伝えていくこと。そういうことを、ずっと愚直にやってきたつもりです。

よしだ

八幡さんとBESSとのひとつのつながりって、地に足の着いた楽しい非日常なんじゃないかな。

きむら

世の中って、住宅や乗り物もそうですけれど、便利さや機能性を求めがちですよね。だけど、僕らは面白いことや楽しいこと、そして自然に寄っていたい。電気をつくって消費するゼロエネルギーを推奨するよりも、そもそも電気をつかわない薪ストーブとかが、もっといいんじゃないかと思っています。

八幡さん

楽しいことが大切だからですよね。もしかすると、楽しいことをまずやってみるくらいで、いいのかもしれません。

くどう

その「楽しい」の中には、自然も入りますか?

八幡さん

自然は、自分の手に負えないから面白いですね。それに、自然は山も海も土も、その人によっていろいろな関係性をつくれるというか。自然に出会ったとき、絵を描いたり、触れてみたり、五感をつかってその人が感じたもので遊べますよね。それに対して、ゲームは誰かが意図的につくったもの。ルールや仕組みも決められているんですよね。

きむら

昔はバランスが良かったんでしょうね。どちらかと言うと、外で遊んでばっかりの中に、ちょっとしたゲームが入ってきて。今は、外で遊ぶことと、中で遊ぶことのバランスを意識的にとる必要があると思います。

八幡さんにとっての、シアワセの法則ってなんですか?

きむら

八幡さんが暮らす家では、鶏を飼っているのだとか?

八幡さん

そうなんですよ。これまでは自分で魚を潜って捕って生きてきたのに、逗子では出来ません。都市生活になった途端、自分で食べることが遠くなるのは嫌だと思っていたので。庭は全て食べられるものを育てていて、そこで鶏を放し飼いしています。これからは、地域全体で飼うように、シェアチキンをしたいと思っています。結果的には地域が集う場所になるんじゃないかと。

よしだ

鶏がコミュニティを生むというのはいいですね。BESSの家でも、外に張り出したウッドデッキに人が集まってオープンな場所になっていたりします。そのオープンさがいいなと感じます。

八幡さん

そうですよね。鶏の鳴き声がうるさいと思う人もいるだろうけど、人が集うきっかけになります。また、みんなで食べることで、命をいただくことの大切さや、子どもが残さず食べる食育にもなると思います。

きむら

みんなで飼うと楽しくなりそうですね。さて、八幡さんにとっての、シアワセの法則ってなんでしょう。見つかっていたりしますか?

八幡さん

地域や自分の周りの共同体が崩れると、地域社会が少なくなって不安定になると思うんですね。僕はコミュニケーションは、場と時間の共有だと感じていて。言葉が伝わらなくても、一緒に座って笑ってみるとか。そして、僕にとってのシアワセの法則は、まだわからず...。基本、生きてればOKです!(笑)。

欲をいえば、自分がワクワクするようなことと絡んで、周りの人達も楽しいと感じるようなことを続けていきたいです。誰かに喜んでもらえたり、サポートできたら幸せなんじゃないかな。今の僕の暮らしで言うなら、町内会での役割などが、日常にある幸せに関わってくるんだろうなぁと思ってます。

くどう

八幡さんは最初、経済圏の外にいるような暮らしだと思っていましたけど、お金には代え難い体験をしていると感じました。最終的には、「大切なことは足元にある」という豊かさを身体に浸透されているなぁと思います。

(対談を終えて...)所長きむらのひとこと
生と死が隣合わせる海の旅というスケールの大きな経験から、「自分の生活圏半径5kmが大切」という発想に行き着いた八幡さんの言葉。僕には、ズシっと重く感じられました。でも「地球を感じることは、海の上でも、自分の足元でも、同じようにできるんだよ」と言ってくれているようにも思えます。重みのあることを重くなく伝える...これも、八幡さんらしい感性ですよね。
記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート