ホーム

客員研究員との対談その3 <前編>家に住むのではなく「まち」に住む

アーティスト
村上 慧(むらかみ さとし)

東京都育ち。2011年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。国内外で、グループ展に参加、アートプロジェクトを展開する日本の美術家。発泡スチロール製の家に住み、家をせおい全国各地を歩いている。福音館書店の月刊絵本『たくさんのふしぎ』の1冊として、2016年3月号「家をせおって歩く」が刊行された。第19回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞) 入選。
http://satoshimurakami.net/

所長きむら
当研究所は、まだ始まったばかりですが、「シアワセの法則」はあるのか?をテーマに、研究を続けています。
所員くどう
今回は、家をせおって全国各地を歩いて巡っている村上 慧さんにお越しいただきました。 村上さん、どうぞよろしくお願いします!
所員よしだ
家をせおって歩く!それってどういうこと?
村上 慧さん
はじめまして、村上です。今日はよろしくお願いします。

家をせおって歩く?!村上さんが家をつくって歩く、その原点とは?

きむら

僕たちは「H=ms2」をテーマに研究しています。「H=ms2」というのは、Happiness(幸福)、money(お金)、sense(感性) を表していて。この公式は「幸福とは持っているお金の大きさに関わらず、感性が豊かであれば大きくなる」ということを意味しています。

くどう

毎回、客員研究員の方々をお招きしてお話を伺っていまして、村上さんで3回目です。村上さんが「家をせおって歩く」ことになった理由も気になりましたし、今回は活動や価値観からヒントをいただければと考えています。

きむら

お風呂や食事、寝るところはどうしているの?という日常的な疑問もありますよね。家の耐久性やメンテナンス、そして自ら作った家に住むことで気づいた価値観など、所員一同お話を伺うのを楽しみにしていました。

村上さん

僕は、自分で作った発泡スチロール素材の小さな家をせおって、全国各地を移動しながら生活しています。僕だけが入って生活できるサイズ感です。最初に作ったものは、高さ150cm、奥行120cm、幅80cmというコンパクトな家でした。実際に住んでいるので、必要な物は全てせおって歩き、次の町を目指してさまざまな町を訪ねてきました。現在は、日本各地をまわって2周目に突入しています。

きむら

家というと、一般には利便性や安全性など求められますけれど、村上さんの家は軽くて最低限の機能があるという感じがしますね。BESSは、住む人が主役で、家自体は楽しい暮らしを支えるシンプルな器でいいという考えなので、村上さんの家に共感します。

よしだ

僕も同感です。少し、この詩を読んでもらえませんか?「BESSの詩」です。自然とつながっていた方が自由でいいんじゃないか、というBESSの家の原点を書いているのですが、それが村上さんの思いとつながるんじゃないかと思いました。

きむら

この詩は、よしだが作った詩で、 BESSの価値観を表しています。

村上さん

よしださんが作られたんですね。原っぱに天幕という家の原点や、家はシンプルでいいんじゃないかという価値観、素晴らしいなと思いました。よしださん作の詩、ニーチェっぽいですよね。僕は、実はニーチェに救われたようなものなんですよ。移動生活を始めて最初の一年は、ずっと持ち歩いていました。

よしだ

そうでしたか...、そうでしょうね。わかりますよ、なんとなく。心の放浪ですね。僕も若い頃、ニーチェにガツンとやられました。すごいなあ、ニーチェが好きってわかりましたか。

くどう

早くも、通じ合うものがあるようですね(笑)。ところで、村上さんの活動のはじまりは学生時代ですか?

村上さん

はい。僕は大学が美大の建築科だったんですよ。志望理由は、たまたまなんですけれど。高校の時に出会った面白い友人の影響もあると思います。友人についていった美術予備校の春期講習か何かで、そこの先生に彫刻や建築が向いていると言われたことからです。

きむら

たまたまですか!当時は、建築家を目指されていましたか?

村上さん

いまも建築やってますが、当時はいわゆる建築家になろうと思って勉強していました。でも建築家は基本的に「他人が使うものをつくる仕事」で、例えば僕が「こういう住宅があったらいい」と思って、面白いけど住みやすいとは言えない設計の家を作ったとして、そこに僕が住むならいいんですが、他人を住まわせたときにそれは「自分の作品」と呼んでいいものかわからなくなりました。あと在学中に大学に新しい図書館ができたんですが、雑誌では綺麗な写真と共に取り上げられるけれど、実際に建ってるものはコンセプトを通した結果、図書館としては欠陥があったりして。それで僕は自分の責任でできることをやりたいと思うようになりました。

よしだ

建築界に対してのクエスチョンが生まれたんですね。そこが、エネルギーになったところもあるのかなと思いました。

学生時代の食材持ち寄り鍋と、不思議なあたたかいコミュニティ

村上さん

大学4年生のときに美術の制作活動をやりはじめました。千葉県の松戸で、 廃材をもらってきて6畳の高床式のバラックのようなものを作り、1ヶ月滞在制作をしました。 古い屋敷の庭を借りてそこに作ったんですが、その屋敷は周りを3方向とも最近できた高層マンションに囲まれていて、陽が当たらないことにも腹を立てていました。 僕は住民の方々との会話の糸口を探して、毎日そこで食材持ち寄りの鍋をやりました。近所にチラシをまいて、毎日集まった食材で鍋をつくるんですが、これが完全に怪しい。

千葉県の松戸で開催したプロジェクト作品。古いお米屋さんの庭で行われた

きむら

確かに、怪しいですよね(笑)。でも、一緒に鍋を食べるのは面白いですね。チラシは、ご近所の方をはじめ、高層マンションに住むひとにも配ったんですか?

村上さん

はい、そうですね。最初は怪しい印象しかなかったと思いますが、だんだん人が集まってきたんですよ。近所のおばあちゃんが料理を作って持ってきてくれたり、小学生が宿題をやりにきたり。日増しに賑やかな場所になっていきました。松戸の神社のお守りを持って来てくれた人がいて、そこから神棚らしきものができて。食事の前に「いただきます」と手をあわせたり。いつの間にか、家の中に不思議なコミュニティができました。これが、僕の最初の作品になったんですね。

きむら

面白いですねー!作品制作が転機になったのでしょうか?

村上さん

それが...。活動を続けていても、僕の名前が面白い人として認知されるだけで、既存の枠組みを出ないし、いつまで経ってもクリティカルにならない感じがありました。

くどう

建築の世界だけでなく、アートの中にも枠組みがあるのだと。

村上さん

大学を出て三年目くらいで制作活動を一旦やめて。1年くらいフリーターになったんです。ビアガーデンスタッフと清掃員をかけもちでやって、休みなく45連勤とかして。色々と理不尽な体験をしました。

きむら

休みなしでずっと働いたんですか。その時、何を感じていましたか?

村上さん

時給制度は憲法違反だと思いました。バイトの現場では、自分がこれまでやったことって何の関係もないんですよ。それなりに積み重ねてきたものも関係なく時給で判断される。そのことに耐えられなくて、とにかく辛くて。かといって、何をしたらいいか分からないでいた時に、ニーチェを読みました。従来の価値観や常識を打ち破るエネルギーに圧倒されるとともに、勇気をもらいました。

よしだ

ニーチェが、もやもやしていたことを突破する起爆剤になったんですね。

なぜ、家をせおって歩くことになったのか?今も続く家の話

対談のときに実際に村上さんに背負って歩いてもらいました。スタスタとかなり速い。日暮れまでに目的地に着きたいから。歩いているときは無心とのこと

村上さん

バイトをする中で、今の活動のアイデアが頭の中で練られていきました。1人で勝手に始めて続けられることをしたらいいんじゃないかと思いながら働いていましたね

くどう

社会や既存の枠組みではなく、自身で考えたアイデアや方法で。

村上さん

八方ふさがりの中で、気がついたらボールペンで近所の家のスケッチを描いていました。近所の家を描きためながら自分の家も絵に描きました。それを発泡スチロールで立体に起こしたのがこの家なんです。

きむら

黒のボールペンで書いたから白黒の家だったのですね。ぱっと見たときに、絵のようだなと思っていました。

村上さん

「こういう家に住もう」と描いた絵をそのまま家にしましたからね。発泡スチロールは、軽くて加工がしやすくて断熱効果もあります。この素材を使って、窓や屋根、神棚や扉なども作りました。実は、郵便受けもあるんですよ。まだ手紙は届いたことはありませんが、チラシが入っていたことはあります。材料費は2万円くらいです。

よしだ

壊れたときは、どうしていますか?メンテナンスしながら住んでいる?僕たちも、ユーザーを対象に実施した「ユーザーハピネス調査」では、BESSユーザーは自分でメンテナンスをよくしている、ということがわかり嬉しくなりました。

村上さん

スウェーデンに滞在していたとき「この国では、自分の家の壁にペンキを塗ったりしてメンテナンスをするのが週末の過ごし方だ」という話を聞きました。自分で自分の家に手を加えるって良いことですよね。僕の家の場合は、子どもが触って壊すこともありますし、風と子どもに弱いですね。これまでに屋根に取り付けた瓦が壊れたことがありましたが、発泡スチロールなので、またすぐに作って直せば元通りになります。 あとは、蝶番が錆びたので変えたくらいですね。壊れやすいけれど、直すのも簡単です。自分でつくったので、直し方もわかりますし。

きむら

始めたきっかけは、アートプロジェクトとしてだったんですか?それとも暮らしとして?

村上さん

両方ありますね。2011年に震災が起きて、何かをやっているふりになってしまうなら、それは空っぽな作品なんじゃないかと思ったんです。ただのイベントというか。アートプロジェクトをもっと深めることもありましたけれど、自分の生き方や暮らしと深く接続するためにどうしたらいいかを考えていました。

まずは、土地を探す。大切なのは雨風をしのいで眠れること

村上さん

この家を扱うのはすごく大変なんですよ。風が吹けばすぐに飛んでいきますし。眠るときは、家の中なんだけど自然の中でもある感じです。虫と一緒に眠ります。いちいち避けてられないじゃないですか。むしろ僕がおじゃましますという感覚です。そういう環境でも、土地を確保することで安心して眠れたり、帰る場所になります。

よしだ

虫たちも一緒に(笑)。村上さんの絵を見ると、足だけ道路に少し出ていますよね。ほぼ外というか、自然の中に住んでいるような。眠るところを確保するのは大変ですか?

村上さん

家に住むために一番大切なのが、眠ることだと思っています。この家は移動式ですが、土地は持ち歩けないんですよ。公園や道路に勝手に家を置く訳にもいきません。 眠る場所を確保するまではドキドキしていますね。 新しい土地に到着したら、まずはGoogle mapでお寺や神社を探します。そのため、持ち物にはデジタル機器も欠かせません。たぶん、インターネットが無いとできないと思いますね。

きむら

それは意外でした。充電のことを考えると、インターネットやデジタル機器などは使用されていないのかと思っていたので。

村上さん

充電は意外となんとかなりますね。ソーラーパネルの充電を使うこともありますし貸してもらうこともあります。メールで家の土地を提供しますという声をかけてもらうこともありました。どの土地でも誰か助けてくれる人はいます。

くどう

眠るところが見つかったら一安心ですね。その後は、くつろいだり、休んで次の土地へ備えるのでしょうか?

村上さん

それが意外と忙しいんですよ。その土地の記録を残していくので。夜は暗くなったら寝ますけど、毎日日記を書いたり絵を描いたりします。知らない町を歩くのが好きなので、家の周りを散歩したり。絵を描く対象が時間をかけて描きたいときは、その土地に長くいることもあります。

プロジェクト中に村上さんが描いた「家」の絵。町から町へ、移動しながら心に留まった家を絵に落とし込んでいく

よしだ

テントを担いで周る方法もあると思うんですよ。それがなぜ、自作の家を担いで歩いているのか。なぜ、自分の家を背負っているのか。という、憶測はできても疑問はつきませんね。キーポイントだと感じています。

村上さん

それを考えるのが、このプロジェクトの醍醐味だと思っています。何が違うのかなども含め、そこが面白いポイントだと思います。僕の場合は結果的に日本一周になりましたけれど、そこが目的ではなかったので。

住み方を考える。やりたいのは、どう面白く住むか

村上さん

僕は、住み方を考えたいとずっと思っているんですよ。建築の設計行為に近いかたちで考えています。空き地にどんな家をつくるかという以前に、どう住むかという。

きむら

どんな家をつくるかという以前に、村上さんが考えていたのは住み方だったんですね。

村上さん

はい。でもこれは、僕以外は誰もやらないし認められないというか。物自体は、ただの発泡スチロールの箱なので。僕が土地を借りて家に寝たり、この家に住んで続けていくことで、ただの箱が家になるんじゃないか。という気持ちでやっています。だから、家をせおって歩くことは、この家をほんとうの家にしていく作業なんですね。

よしだ

たしかに家というのは、暮らすことによって家になるのかもしれせんね。住む人が手をかけることで家になるんじゃないかと思います。村上さんが家をつくりはじめて、どれくらい経つのでしょうか?

村上さん

まだ3年ですね。途中で気づいたんですけれど、家を運んでいると思っていたら、そうじゃなくて寝る部屋(ベッドルーム)なんじゃないかと思いました。そこから、家に住むというよりは町に住む感じになってきて。この木陰は気持ちがいいから、リビングにしようとか。見立てですけれど。僕の家には、トイレもお風呂もないので、町に探しに出かけます。町全体を間取り図として考えているので、土地をインストールしていくような感覚があります。

千葉県流山市の「間取り図」。トイレ完備で快適そう。お風呂はちょっと遠い模様

くどう

ただの箱を、歩くことによって完成させていく感覚なのですよね。家をせおって歩いたのは、3年のうち一定期間ですか?それとも途切れ途切れに?

村上さん

たしかに、初年度と今とでは頻度は違いますね。最初は、八方ふさがりの自分の環境から飛び出すための脱出ポッドでした。歩き始めて1ヶ月は都内をうろうろしてたんですが、東京にずっといても仕方がないと思って全国各地へと歩いていくことになりました。当時は夏になる前だったので北に行こうと。自然の流れなんですけど。僕にとっては生活なので、アートフェスティバルに参加したり滞在制作をすることはあっても、基本的には今もずっとこの生活は続いています。

くどう

時間を経て、家そのものも村上さんの気持ちも変化しているように感じます。脱出ポッドに乗るように東京を離れた、村上さんのその後も気になりますね。

きむら

家をせおって歩く理由が少しずつ見えてきましたね。移動しながら住むことで、土地をインストールしていく感覚も面白いです。後編では、村上さんの家を実際に見せてもらいながら、お話を伺いたいと思います。みなさん、どうぞお楽しみに!

記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート