ホーム

客員研究員との対談その4 <前編>子どもの遊び心や感性に火をつけろ!

探研移動小学校主宰、東京コミュニティスクール探究プロデューサー
市川 力(いちかわ ちから)

1963年東京生まれ。1990年渡米後13年間にわたり、英語環境下での日本語学習指導に携わる。当時の経験からグローバル時代を生きる子どもたちに必要な、真のコミュニケーション能力を育てることを目指す教育研究・実践を行う。2003年帰国後、2004年8月より東京コミュニティスクール初代校長。教育にイノべーションを引き起こすために、志ある人々をつなぐ国境を越えたコミュニティ『ABLE』主宰。現在は、探研移動小学校を主宰し、大人も子どもも共に学びながら探究マインドを育む実践を続けている。著書に『英語を子どもに教えるな(中公新書ラクレ)』、『探究する力』。現在、新著を執筆中。
特定非営利活動法人東京コミュニティスクール

所長きむら
当研究所は、2016年7月に立ちあげました。「シアワセの法則」は果たして本当にあるのか?をテーマに、研究を続けています。
所員よしだ
今回は、教育分野で探究心豊かに研究と実践を続けてこられた、市川力さんにお越しいただきました。
市川 力 さん
はじめまして!市川です。今日はよろしくお願いします。

「教育」なんて大嫌い。市川さんが関わる子どもと学びの時間とは?

きむら

僕たちは「H=ms2」をテーマに研究しています。ちなみに「H=ms2」というのは、Happiness(幸福)、money(お金)、sense(感性) を表しています。この公式が意味するのは「幸福とは持っているお金の大きさに関わらず、感性が豊かであれば大きくなる」ということです。

くどう

今回も「H=ms2」のテーマを深めることができたらと考え、市川さんにお声がけしました。

市川さん

ありがとうございます。僕は「H=ms2」の公式を見た時、すごく共感しました。自分の周囲にいる人達も、今までと違って、金銭や地位を一番に持ってくる人達から、幸福やハピネスをどうやって追求していくのか考える人たちに変わっているのを強く感じていました。毎回、登場する客員研究員の方々も、面白い方ばかりですよね。

くどう

これまでの対談もご覧いただいているのですね!ありがとうございます。BESSは「家は道具だ」と言う考えからスタートしています。この「家」というテーマとともに、お金よりも価値観や感性を大切にしようと動いてきました。そこで、遊び心や感性に立って考えたときに、今の時代の中での「子どもと大人」についても気になるテーマでした。

よしだ

市川さんは、小学生を対象とした学びや遊び、フィールドワークをされていますよね?

市川さん

はい。僕自身は、教育学というものを勉強したこともないし「教育」って嫌いなんです(笑)。そんな僕が学校に関わっているということが特異なことかもしれません。

探究と実践の学び場、東京コミュニティスクールとは?

くどう

今回は、実際に見て感じてみてわかることがあるのでは?ということで所員一同、東京都中野区にある東京コミュニティスクールをお訪ねしました!

市川さん

僕は、東京生まれですが、自然にあふれる八王子で育ちました。大学院を修了した後、海外在住の日本人駐在員の子どもを対象とする塾の講師になるために渡米し、英語環境下での日本語学習指導に携わりました。当時から、これからの子どもたちに必要な学びとは何だろう?という思いを持って教育実践をしてきました。帰国後、現在も探究プロデューサーをしている『東京コミュニティスクール(以下TCS)』の初代校長になりました。今では、子どもだけでなく大人まで広がり、探研移動小学校を主宰して、大人と共にフィールドワークをしながら、探究心に火をつける活動を続けています。

よしだ

簡単にプロフィールをお聞きしただけでも、気になる内容ばかりですね。「探究」や「実践」など、生き生きとしたキーワードです。ところで、TCSはどんな学校なのでしょう?

市川さん

はい、TCSは小学生を対象とした全日制オルタナティブスクール ※ です。スクールの特色として、それぞれの子どもたちのもつ「違い」を大切にしています。柔軟できめ細やかな学びの環境づくりは、大きな組織の中や既存のカリキュラムの中では対応しにくいところがあります。TCSでは、独自カリキュラムに基づいた少人数教育によって実現しています。

オルタナティブスクール

広くはヨーロッパやアメリカなどの哲学的思想を元に発展したオルタナティブ教育を取り入れた学校を指す。教育法や理念など独自の環境を持ち、従来とは異なったスクール運営を行っている。個人を尊重するなど、子どもが本来持っている探究心に基づき、主体的な学習や行事・カリキュラムが組まれていることが多い。

くどう

独自のカリキュラムというのは、どんな内容なんでしょう?

市川さん

大きく分けると2つの軸があります。1つは、実際に人に会ったり、みんなで考えたり、実験したり、つくってみたり、重要なスキルを使う必然性のある状況の中で獲得してゆく。使いながら、つくりながら知識を作ってゆく学びです。もう1つは、読み書き・計算などを中心に、人とのつきあいも含めて、日常生活の基礎を身につける学びです。集中して学ぶ時間だけでなく、何かをしてもいいし・しなくてもいいフリータイムもあります。

くどう

なるほど。わたしたちが知っている、従来の学校像とは異なる点がたくさんありそうですね。

市川さん

特に、あるテーマを提示してみんなでたくらんで、みんなで語り合って、みんなでやってみて、みんなに伝える「探究する学び」が特徴でしょうね。実はこれこそ低学年から高学年まで現代の小学生すべてに求められる学びです。今日は見学を通じて、子どもたちが試行錯誤を面白がって工夫して学ぶ様子を見ていただけたらと思っています。

「おっちゃん」と呼ばれる市川さんは、どうやら校長先生?!

きむら

見学していて驚いたのは、子どもたちはみんな、話が上手ですよね。何を考え取り組んでいるのかが明確で、何をしているのかを自主的に僕らに伝えてくれました。

市川さん

彼らは、本当に話すことが好きですね。説明も上手ですし、何よりもやらされているのではなく自ら楽しんでやっています。

きむら

先ほど、教育が嫌いとお話されていましたけれど(笑)。そんな市川さんが、TCSでは子どもたちから「おっちゃん」と呼ばれていて、どうやら校長先生らしい?!というのも、ものすごく気になります。普通の学校でイメージする、子どもと先生の関わり方とは違っているというか。

市川さん

そうですね。「おっちゃん」と呼ばれる関係は、確かに学校における先生と生徒の関係ではありません。でも、だからと言って、なあなあではない師弟関係に近いイメージですかね。昔でいう、長老的な役割に近いかもしれません。役割としては、もっと成長できるぞ!と挑発して、探究心に火をつけるジェネレーターなんですよ。ジェネレーターとは、発電するという意味ですが、私の役目は、仕掛けたり、大げさに動き回って余計なことをしたりして、ちょっと湿っていた「探究心」が燃え上がるきっかけをつくることです。だけど、僕がしたことに対して子どもたちは何も感謝していない(笑)

くどう

現代では、なかなかないのでは?という感じがします。この役割は、親と子ではうまくいかないのではないかと。

市川さん

確かにこの関係性は、たぶん親子関係では難しい部分もあるでしょう。だからこそ現代的に意味づけた師弟関係を第三者が担う必要があると思っています。挑発が作用するのは、成長したい目標が明確で同じ方向性に向いているとき。同じ組織の中で、経験上先行している人から「お前、そんなんじゃダメだよ」と言われたときって悔しいけど納得するじゃないですか。その部分が今の社会で決定的に欠けている。だから学びがダイナミックにならないのだと思いますね。

きむら

市川さんと子どもとのやりとりも、挑発的というか。

市川さん

そうですね。子どもたちが取り組んでいることに対して「無理だよ、その辺にしたら」と挑発して、挑戦意欲と気づきを誘発していくことも必要だと感じています。それは、植物の剪定と似たコミュニケーションかもしれませんね。これまで教育という文脈では、捨てるとか切るとかいうようなことを考えてこなかった。それって子どものパワーを見くびっているから。過度に守ってしまうことが、いつの間にか主流になっちゃって、どこにも剪定してくれる人がいない。そうすると子どもの成長を止めてしまうことにも...。

よしだ

想像していたよりも、授業をしているという感じもしました。

市川さん

よく言われます。でもね、実は、教えるか・教えないかということや、子どもに意見を言わせているか・言わせていないかということではないんですね。重要なのは、いかに子どもたちが自分の頭で考えているかというところ。私がいくら「教えても」、それが唯一の「正解」だと教えているわけではありません。僕はこう思うし、世の中にはこういう知識があるけれど、それを自分なりに考え、とらえ、実践しないとダメだよというメッセージなんです。答えを教えてしまうから、子どもがダメになる...。教わったことを子ども自身が理解して、いかに試し表現していくのか。ここが、従来の学校でできていないし、やりにくいことなんですよ。

徹底的に話す。しつこく語り合うからこそ見えてきたこと。

くどう

今日は様々な授業を見学させていただきました。5年生は、編集者として「どんな文集にしたいか、タイトルは何にするか」など編集会議で議論していましたね。わたしたちにも、どんな文集か、自分たちの役割は何かを、簡潔に説明してくれました。

きむら

「学年ごとにプレゼンテーションする日があるから、ぜひ見にきてください」と話しかけてきて、自信に溢れた積極性も感じられました。

市川さん

彼らは、スクールの子どもたち全員が書いた作文を編集・校閲し、場合によっては書き直しを本人に打診することもあります。文字の間違いも正しながら、すべてをワープロ打ちし、ページ編集を行います。今年は5人で、やっていることはプロ並みです。面白いのは作文の修正点を僕が伝えるよりも、彼らが伝えたほうが低学年の子どもたちの目線でわかりやすく伝え、言われた方も素直に聞いていることです。

よしだ

そこで、市川さんが大切にしていることは何でしょうか。

市川さん

徹底的に話すことだと思います。子どもが何を考えているのか、どうしてそう考えたのか掘り下げて聞いて、語り合って、どんな可能性があるのかしつこく考えていくことです。これはとても面倒なことだけど、そこから逃げない。これからは、学校以外、家庭以外、つまり社会の中で知識をつくりあげてゆくのが当たり前になってゆくと思うのですが、その時にカギになる姿勢だと思うんですよね。

市川さん

なんかこう言うと理知的なアプローチに聞こえるけど、実はカッコ悪くて無様さがポイントですよね。「おっちゃん、それは違うよ!」ってすぐに突っ込まれるし、僕が考えたアイデアや話が子どもにとって面白くないことだってしょっちゅうです。

きむら

先ほど、6年生が映画づくりの学びをしているところを拝見しました。「グッとくる映像にはルールがある」という、大人が読んでも面白そうな書籍を教科書に、活発に意見交換していて、僕たち大人が参加しても面白そうでした。TCSでは、教えている大人に対して子どもが「知っているか?」って一生懸命に問うているシーンが印象的でした。普通は大人が知っていると疑いもしないことでも、もしかすると知らないかもしれないですよね。市川さんが言う「無様でいい」っていうところも場として面白いですよね。

市川さん

今までの先生像はね、知っている人で、間違えず正解を与える人という暗黙の設定がされているじゃないですか。でもそんなこと、ありえない。特に今、そしてこれからの時代では無理ですね。決まったことを教えるなら、AIのような機械にやってもらったほうがいい。それよりも、知識のつくり方だったり、不透明な時代をたくましく生き抜くための情報の取り入れ方だったりが重要。僕は、探究的な頭の使い方をするための手立てをいつも考えています。そのために一冊、本を読むことが有効なら、読んでもらうだけで授業がなくてもいいし、一緒に現場に出かけるのがいいならフィールドワークで外に連れて行っちゃう。

家庭や学校の外へ出かけよう。外に学びの場は広がっている

子どもたちが、中野駅周辺にフィールドワークへ出かけ作成した「中野オモシロマップ」。学校や家庭の外に出かけることも学びにつながっている

市川さん

僕の中では、学びのために学校内に居続ける必要などまったくないと思っています。肝心なことは、学校外に学びの場を拡張していくことだと思っているので。みんなでプロジェクトをたくらんで、外に出て、帰ってきたら語り合って、表現してまとめる。子どもたちは、街の中で様々な人に出会い、話をします。そして面白くて少し変な大人に出会うこともあります。こうして、今まで知らなかったことをやってみることで、身をもってわかるのです。

きむら

市川さんの話を伺っていると、学校だけではないつながりが、子どもたちにとっての学びや探究のチャンスになっている気がします。

市川さん

今日ご覧いただいた僕のチームは、僕がイメージする探究の典型的な形です。僕は今日のような、5〜6人くらいの少人数サイズが気に入っています。丸く集まれる机に集まって、子どもたちと濃密に師弟的にやりとりしていく感じです。

きむら

うーん。このサイズ感でじっくりと関わり合っていくことで、どんどん会話が生まれていましたね。

市川さん

子どもたち、面白い意見を喋るでしょう?逆にみなさんの感想を聞いてみたいですね。どうでしたか?子どもたちを見ていて。

よしだ

我々大人も、一緒に参加したいと思えるような面白いテーマでしたよ。テキストも子ども向けではなく、大人向けのものでしたし。

くどう

わたしは同世代の子どもがいるので、こんなにも自分が思っていることを自発的に話せるものかと驚きました。

市川さん

最近、外に出てTCS以外の子どもと触れ合って気づいたんですけど、今日と同じようなことは他の子でも起こるんですよ。つまり、ああいう発言はトレーニングの結果出てくるものじゃないんですよ。単に自由に頭に思い浮かんだことを喋る機会がないだけなんです。このチャンスが多くの子どもにはないんだ!と思うと僕は恐ろしくて焦ります。

きむら

学校外・家庭外・学習塾以外で社会の中に師弟関係ってあったらいいですよね。昔の寺子屋はそういうものだったんだろうなぁと。義務だからではなく、自分が参加したくて行く。TCSの子どもたちは、自ら参加しているんだという感じがとてもしました。今の学校が、そうなっていないということの裏返しなのかもしれません。

市川さん

TCSの子どもたちが特別なトレーニングを積んできたから、できるということではないんですよ。選ばれた子では全くないし、難しいことをさせるための勉強をさせてきたのではありません。誰でも言いたいことを持っていて、それを出してあげられるような場を作ってあげられたら、学校も社会も救われるし、面白いものが自ずと生まれてくるでしょうね。

よしだ

自分の考えや、取り組んだ作品をアウトプットできる場所。 学んできたことが、次に生きるステージがあるといいですよね。

くどう

今回は、市川さんと子どもたちとの関わりを通じて、どのように遊び心や感性に火をつけているのか垣間見ることができました。そんな市川さんの原体験やこれまでの歩みも気になります。みなさん中編も、どうぞお楽しみに!

Facebookにシェア
ツイート