ホーム

客員研究員との対談その4 <中編>探究心に火をつけろ!

探研移動小学校主宰、東京コミュニティスクール探究プロデューサー
市川 力(いちかわ ちから)

1963年東京生まれ。1990年渡米後13年間にわたり、英語環境下での日本語学習指導に携わる。当時の経験からグローバル時代を生きる子どもたちに必要な、真のコミュニケーション能力を育てることを目指す教育研究・実践を行う。2003年帰国後、2004年8月より東京コミュニティスクール初代校長。教育にイノべーションを引き起こすために、志ある人々をつなぐ国境を越えたコミュニティ『ABLE』主宰。現在は、探研移動小学校を主宰し、大人も子どもも共に学びながら探究マインドを育む実践を続けている。著書に『英語を子どもに教えるな(中公新書ラクレ)』、『探究する力』。現在、新著を執筆中。
特定非営利活動法人東京コミュニティスクール

所長きむら
お待たせしました!市川 力さんのお話の中編です。「子どもの遊び心や感性に火をつけろ!〈前編〉」では、市川さんが子どもたちと関わっている、東京コミュニティスクールに実際に伺ってきました。
所員くどう
中編では、今の市川さんの根幹にあると思われる原体験などを交えて、探究とは?というところも、もう少し深く聞いてみたいと思います。
市川 力 さん
どうぞ、よろしくお願いします。

原っぱで育った幼少期。原点は父親とのフィールドワーク。

きむら

市川さんは、東京都・八王子市にお生まれになったのですよね?どんな子ども時代を過ごされたんでしょうか。

市川さん

僕は子どもの頃、いわゆる都市近郊の中の原っぱで育ちました。『平成狸合戦ぽんぽこ』という映画がありましたけれど、自然破壊される直前の、豊かな自然に囲まれた多摩地区に住んでいたので、宅地開発に反対したタヌキの気持ちがよくわかります(笑)。当時は70年代初頭、いわゆる受験戦争や猛烈進学塾が多摩地区から勃興した渦中にいました。「学歴を子どもに獲得させて勝ち組にしよう」というムードが強く、中学校は荒れていましたね。だけど両親は僕には「学歴」だの「受験」だのを押しつけませんでした。父親と一緒に必死になって多摩丘陵の林と草むらをフィールドワークしていましたね。父親が、自分の会社で人事研修するにもフィールドワークが役立つと考え、「野外塾」という大人の学習会を主宰していたので、そこにくっついて行ったこともありました。そんな原体験があったためか、大学では学習心理学を専攻しました。

きむら

自然に触れたり、フィールドワークをしたりするのは、幼少期からだったんですね。その原体験が今へとつながっている。

市川さん

はい。僕は人の心に興味がありました。今流行りのカウンセリングではなく、「人間が体験を通じて、知識をつくっていくことはどういうことなのか?」ということに関心を持ったのです。今の人工知能の二世代前くらいのAIモデルが出てきた時期ですね。コンピュータと人間は何が違うのかという研究を通じて人間の知性を考えてゆく潮流が70年代後半から80年代に起きてきて、いわゆる「認知・情報科学」と言われる学問の草創期に僕はばっちりとハマっていました。

よしだ

大学院卒業後に渡米されたのですよね?

市川さん

バイト先の先輩が「シカゴに塾をつくるから来ないか?」と誘ってくれました。それが1990年のことで、子どもたちと学ぶのは好きだし、アメリカに行っていろいろ経験するのも悪くないか、と思い、あまり深く考えずに渡米しちゃいました。結局、13年間アメリカにいてしまいましたが。

くどう

なるほどー。現地ではどのような仕事をされていたんでしょうか?

市川さん

向こうでは、日本語と英語の両方が身につけられなくて困っている、日本人の子どもたちを対象とした塾で働いていました。そこで、子どもたちの宿題を通じて「プロジェクト型の学び」を知りました。それが大学時代にテーマとしていた「人間が体験を通じて、知識をつくっていくことはどういうことなのか?」という関心とつながり、教育実践を通じて研究する環境になっていきました。僕がいたイリノイ州は、Learning by doing を提唱したジョン・デューイがシカゴ大学に実験学校を作った歴史のある、探究型の学びの原点のような場所でした。

きむら

子どもたちの宿題を通して一緒に学ぶことで、新しい学びにも出会ったというのが面白いですね。

市川さん

アメリカでは、裕福な居住者が多い地域では、公立学校であっても、博士号を持ったような選りすぐりの先生たちばかりです。そんな地域の小学校だと1クラス12人ぐらいで、日本の常識とはまったく違うサイズ感でした。スモールスクールでプロジェクト型というのが当たり前の授業スタイルだったんですよ。

40代フリーターで、日本に帰国。やってきた転機は意外なもの

くどう

アメリカでの経験を経て、日本に帰国されたのですね。

市川さん

2003年にふらっと戻ってきたんですけど。帰国の理由は、疲れたから。所詮は学習塾なので、結局は帰国枠入試に合格させることが目的となって、そこに僕は興味が持てなくなった。だから次のあてもなく、40代中年フリーターとなって戻ってきたんですよ。しかも、両親は暖かいところで老後を過ごしたいと、多摩地区から神奈川県逗子に引っ越していて、友達も知り合いもいない中でのパラサイト生活が始まりました。

きむら

「40代中年フリーター」というのもインパクトがありますし、すごい展開ですね(笑)。

市川さん

年齢的にも普通の就職は見込めないし、ぶらぶらしていました。見かねた恩師が、アメリカで書いていた記録が面白かったから、一度だけチャンスをやると大手出版社をいくつか集めてプレゼンする機会をくれたんです。無茶ぶりですよね(笑)。プレゼン時間は30分きっかりで、もし手を上げる会社があったら出版できるということでした。なんと一社からオファーがあり『英語を子どもに教えるな』(中公新書ラクレ)という本を出すことができました。

よしだ

そこからの市川さんは、どうされていたんですか?

市川さん

本を出したものの、生きていくための稼ぎも必要でした。そこから僕は農業をするために、山梨・長野の知り合いのところに行きました。僕ができるのは草抜きとか、ちょっとした手伝いだけでしたけど、所得が少なくても、半分自給自足で食べていければという思いで始めたのです。僕にとっては修行のような状態でしたが、一方で、都心に住む人が田舎を体験したいとリゾート気分で遊びに来ていました。「田んぼでドロドロになるっていいよね!」というような感じで、親はリトリート、子どもは自然体験。

くどう

親心と言いますか、自然に触れさせたいという思いがあったのでしょうね。

市川さん

この人たちは、みんないい暮らしをしているんだろうな、と僕はやさぐれて見ているわけですよ(笑)。ただ見ていると、大人は満足そうだけど、子どもは楽しそうじゃなかった。僕も居場所がなかったので、彼らを連れ出して遊んだんです。

教育なんてやる気なし!グレていた中年期の出会い。

山梨県北杜市で行われるTCSのサマーキャンプで田植えをする子どもたち。自然の中で生き生きと働きながら遊ぶ

市川さん

すると、普段とは違う生き生きした様子で僕と遊んでいるわが子を見て、TCSをつくった理事長の久保さんから「教育に関わっていたのですか?」と声をかけられました。たまたま久保さんたちが、杉並区にフリースクールを立ち上げようとしていたタイミングだったのです。当時の僕は非常にグレていますから「教育なんてやる気ありませんよ!」と突っぱねて、3回頼まれて3回断るような始末で。子どもと遊ぶことはしたいけど、学校教育には関わりたくないと伝えていました。

くどう

たまたま自然体験に来た方々が、学校をつくりたいと思っていたんですか!?学校運営に関わりたくないと思っていた市川さんの心が動いたのは、どうしてですか?

市川さん

心が動いたというより、正直、僕自身、他にやりたいことがなかったからというのが大きかったですね。それに、長く続くとは思っていなかったし(笑)。こういう教育が日本でどんな風に受け入れられるのか知りたいという冷めた気持ちがほとんどでした。

よしだ

当時は、続くとは思っていなかったんですね。

きむら

そこからどうして今のような関わり方に至ったのかも気になります。

市川さん

教育っていいことだと思われているから、キラキラ、ふわふわした夢を語る人が多いんですよ。でも、自分は現場の最前線に長年いたから、そんな甘くはないと違和感を感じていました。だから自分が実践する場合も、自分がいいことをしている、スゴイことをしているなんて全然思うことはなかった。むしろ、子どもはそばにいる大人の背中を見て勝手に影響されてしまうわけです。最初、僕と出会った子どもが「先生」と呼ばずに「おっちゃん」と呼んだということはとても大きかったですね。僕の「姿勢」をそう見てくれたんだと。そうか一人の「おっちゃん」として、自分が「真剣勝負」で「実験」し、「真剣勝負」で「失敗」し、それを積み重ねて行こうと決心したんです。そこから数々の失敗を積み重ねてゆく探究の歴史がスタートしました。

きむら

子どもを預かる仕事で失敗するって、今の時代は相当勇気がいることだと思います。

市川さん

もちろん。ただ「失敗」で終わらせるというのではなく、そこから常に立ち上がり、やり直し続ける。今風に言えば「レジリエンス」ですよね。だから、余裕を持ってしつこくあきらめずに、日々挑む感じ。こういうスタンスのベースには、1週間に1回長野・塩尻へ子どもたちと出向き、土にまみれて農業して働き、遊ぶという「原体験」がありました。こうした「原体験」がベースにあればなんとかなるだろうという思いがありました。

今の時代の価値観と感性。探究とはなんだろう?

市川さん

2010年くらいから、潮目が変わったという感じがあります。今は、生き方を大切にしている人が増えましたよね。

きむら

そうですよね、僕もそう思います。ところで今日は、探究ということについても、紐解いて聞けたらと思っています。

市川さん

さっきちょこっと口に出したジョン・デューイという人は、「探究」をExprolation(探検)と表現しました。「探究」とは試行錯誤しながら探検するということなんです。正解はないけれど、多くの人たちが受け入れられる「納得解」を目指すのです。つまり、自分の独りよがりは許されないんですね。自分にとってだけでなく、社会にとってはどうなんだろうか?正解を決めつけることはできないけれど、思い切ってその時「最善」と思える答えをつくり、選択しなくてはいけない。このプロセスそのものが「探究」です。だから探究するテーマはその時々で変わるし、教科書もありません。

きむら

既存の教育では、教えることは決まっていますよね?

市川さん

「探究」とは、すでにある知識体系を網羅して学ぶことの真逆なんですね。一つの知識を出発点として追究してゆく。知識をつくるプロセスです。でも、今までの教育イメージにとらわれる、と小学校で覚えておかないといけないことを覚えなくていいの?という葛藤が出てくるでしょう。でも僕は、洋服にくっついて離れないトゲトゲのあるタネを一つ持てればいいじゃんと思う。つまり、ツルツルですぐに失われる知識をたくさんではなく、トゲトゲがあってくっついて決して失われない知識にどんどん体験をまとわりつかせて知識を大きく、広く、深く育てる。小学生くらいの年齢の時に「探究」を通じてトゲトゲをさらに研ぎ澄まし、一生学び続けてゆこうとするマインドを鍛えることが大切だと感じています。大学には入れたけれど、社会人になって自分で考えられない人を大量生産するのは、いい加減やめにしないと。

くどう

つまり、人間が元々持っていた力が、使わないこと・磨かないことで退化してしまうということでしょうか。

市川さん

そうですね、本来必要なのは、自分たちが持っている能力を素直に伸ばすこと。みなさんは「教える」の語源を知っていますか?実は「抑える」なんです。インプットするという意味はない。つまり人間の子どもっていうのは、思いっきりやり、時にオーバーヒートしてしまう。そうなった時には、「まあまあ、ちょっと抑えましょう」ということなんですよ。昔の人は、師弟関係を通じて、そういったことを実感していたんですね。実はこれって発達心理学、認知科学が科学的に根拠づけた、人間の素直な学びの姿なんですけど、それが、なかなか伝わらないんですよ。

大人気なく、子どもたちとぶつかりながらも探究する

中野でインタビューする子どもの写真:中野を訪れる外国人に「日本の印象」について英語でなんとか話しかけてインタビューするTCSの子どもたち。必死にメモをとりながら面白がってフィールドワークしている

よしだ

そんななか、市川さんは、子どもたちとフィールドワークをするなど、探究を通じた面白さを伝えていますよね?

市川さん

はい、とにかくフィールドワークしますね。つい最近も子どもたちと中野駅でどれだけの外国人にインタビューできるか?ということをしました。1時間ずっと立ち続け、30人に声をかけても、ほとんどの人に話を聞いてもらうことができず断られたりもします。しかし、子どもたちは簡単には諦めたりしません。かえって「おっちゃん、30人に断られたということは、それだけいっぱいいるってことだよね。」という気づきが生まれる。素晴らしいですよね。自分の身のまわりに暮らしている外国人の生の声をフィールドで集めることでわかることこそ、「覚えた理解」ではなく「探究的理解」です。

くどう

そこに身を投じるからこそ、育まれるものがあるんですね。

市川さん

普通は、インタビューをして外国人はこういうことを考えていました というプレゼンテーションをして終わりです。でも「探究」は、そこからが始まりです。僕と子どもたちは、探究して面白いところをこう言ってます。終わりが始まり、つら楽しい(辛いけど楽しい)、挑発(挑戦して発見)の3つです。インタビューは緊張するし、その後、発見をレポートとしてまとめるのも大変。散々、考え直し、書き直し、つくり直す、辛いけど楽しいプロセスに、挑発されながらも取り組むことで発見があります。こうして世の中を見るレンズがこれまでと変わってくるんですね。

きむら

お話を伺っていると、感性と探究ってとても近い感じがします。

市川さん

そうですね。僕は、フィールドのことを「フィール度」って言いかえています。つまりFEEL℃=感度です。フィールドに出てひたすら感度を磨く。その連続です。

きむら

毎日が、感度を磨く連続になっているんですね。BESSも体を使うことや自然に出ることと繋がった家なので、すごく身近に感じます。

よしだ

感性が自然の中でこそ育まれ、それが歩くことにもつながっているのかもしれませんね。

市川さん

人との出会いや自然に触れるというような、すぐ成果を求めず、思考ゼロで、とにかく肌で感じる時間も大切ですよね。社会生活をしていくには、個に閉じるわけにはいかない。となると、世界に存在するさまざまな摩擦や嫌なことに汚れなくてはいけない。だけど、ただ汚れておかしくなっちゃうんじゃなくて、どこかで、自然へ飛び出て、歩いて地面と触れることでバランスを取ることも大事になる。

あとは、こうして高まった感性が発する言葉を磨くこと。言葉で表現する力を高めることです。自然やフィールドワークの中で、せっかく磨いた感度を、その時の自分の最善の言葉で表現してみる。そしてそれをみんなにプレゼンテーションする場をつくりシェアする。もちろんそれも「つら楽しい」ところで、感度が高まっていない限りできないことなんですよね。

くどう

今回は、探究についても深く知ることができました。次回はいよいよ後編です。これからの市川さんが取り組みたいことも聞いてみたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート