ホーム

客員研究員との対談その7<中編>シアワセづくりは、まず一人から。

田中 元子(たなか もとこ)
株式会社グランドレベル

1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀とクリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。建築、まち、都市などの専門分野と一般の人々とをつなぐことを探求し、建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのキュレーションなどを行ってきた。2014年、毎号2万字インタビューを実施し、全国の建築系教育機関等へ無料配布する建築タブロイドマガジン『awesome!』を創刊。同年、『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(エクスナレッジ)を上梓。2016年、株式会社グランドレベル設立、代表取締役社長。

大西 正紀(おおにし まさき)
株式会社グランドレベル

1977年、大阪府生まれ。2001年、日本大学理工学部建築学科卒業。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程前期修了(高宮眞介研究室所属)。修士設計にて駿建賞受賞。その後渡英し、2003~2004年、設計事務所 Ushida Findlay Architects UKに勤務。帰国後、田中元子と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。編集者・建築家・クリエイティブディレクターとして様々な企画やプロジェクトに従事。2016年、株式会社グランドレベルの創業に参画し、リサーチャー兼ディレクターを担当。
株式会社グランドレベル

所長きむら
お待たせしました!田中 元子さんと大西 正紀さんのお話の中編です。「建築が好きだ!というはじまり〈前編〉」では、お二人が建築と出会い、けんちく体操やアーバンキャンプを通して、建築やまちに対する関わり方など、もっと多くの人が楽しめる環境づくりをされてきた活動について伺ってきました。
所員くどう
中編では、お二人の事務所にお伺いして、グランドレベルのテーマでもある"1階づくりは、まちづくり"という考えに至るまでのお話を、もう少し深く聞いてみたいと思います。
田中 元子 さん
どうぞ、よろしくお願いします。
大西 正紀 さん
よろしくお願いします。

バーカウンターから始まった、パーソナル屋台。

きむら

お二人とも、建築に関わるプロジェクトを多数立ちあげられてきましたけれど、「パーソナル屋台」を始めたきっかけは何だったのですか?

田中さん

前の事務所が少し広くて、一角に余ったスペースがありました。そこで、ここにバーカウンターがあればと思いついたのです。でも、わたしたちはお酒があまり得意じゃなくて。周りには、同じように飲めない仲間がたくさんいたので、そこで飲めない人も楽しめるノンアルコールバーをやろうと思ったんです。

きむら

ウイスキーの代わりにウーロン茶を注いでくれる、バーが欲しいと。

田中さん

そうなんです。お酒が全く飲めないからといってバーが嫌いというわけではなく、むしろバー空間にも行ってみたい!気持ちがありました。そういう体験をする機会がなかったので、自分たちで始めました。

くどう

お酒が強くなくてもいいでしょ?という空間ですね。

田中さん

「マスターいつもの。」と言ったら、ノンアルコールカクテルが出てくるイメージでした。しかし、実際にスタートしてみると、来てくれる友人たちは、お酒が好きな人も多かった(笑)。そこで、あるとき思いつきで「建築カクテル」をつくり始めました。

きむら

建築カクテル!ネーミングからして気になります。

田中さん

建築カクテルは、建築家や建築物の雰囲気やイメージからつくるものではなくて、建築家の出身地や建築物が建つ国などのバックグラウンドを読み込みながら、合わせるお酒を選んで構築しています。「ザハ・ハディド」や「ジェフリ・バワ」「磯崎新」「落水荘」など、現在20種類くらいのレシピがあるんですよ。

大西さん

いろんな人が、その即席バーに遊びにきてくれて、最後にバーを出て行くときに、みんな律儀だから「今日はいくら置いていけば良い?」って必ず聞いてくれました。

田中さん

最初は原価や売値も考えて、売上げはこれくらいかな?と考えたこともありましたが、わたしが考案した「建築カクテル」なんて、毒見みたいなもの(笑)。だから、誰が来ても「お金はいいから、また遊んで?」と言い続けていました。しかも、次はあの建築カクテルをつくろう!と、ワクワクしながらお酒を買い込んでいくので、お酒の量がすごいことに。

大西さん

普通に事務所をパッと見たら、ただの酒場です。(笑)。

田中さん

友達の誕生日プレゼントを考えるのと同じように、建築カクテルでも、誰かが「ワーオ!」って驚くようなことをしたい。そうしてやり続けていたら、結構なお金を使っていました。でも、不思議とお金を取る気にはならなくて。

お金を取らないからこそ楽しい、一生涯の趣味。

大西さん

来てくれた方々を送り出した後に、「今日も楽しかったね〜」と、二人でよく話をしていました。でも、どうしてこんなに幸せな気持ちになれるんだろう?と、考えたんですね。100人あたりまで続けた時に、もし一杯10円、100円とお金をとっていたら、この幸せな感覚を同じように持てていたのかと思い始めて。これがもしも一杯1円だったら?と突き詰めていったんです。

田中さん

もしも、たった1円でも受け取っていたら、わたしたちが得ていた幸福感は得られてなかったと気づきました。今日は何人来て、売上げがいくらだったと考えると数字の話になる。全部、数字に回収されてしまうんです。でも、そこをぬきにすると、ひたすら楽しい。どんな人が来ても、「良い話ができて喜んでもらえた」と思える。売上げに対する下心がないので、気持ちよく「また来てね!」と言えるんですよね。お金をとらないからこのモチベーションなんだ!と気がつきました。それで、わたしはこれを"趣味"にしようと思ったんです。

きむら

数字に置き換えないからこそ、そう思えたのですね。

田中さん

そうです!やっぱり数字は怖くって。いざ具体的な数字が入った時に、数に対してジャッジしちゃうんですよね。そこから解放されているからこそ、楽しさが生まれることがわかりました。そこから、こんなに楽しいことなら、まちへ出てやりたいと思いはじめたんです。

大西さん

だけど、このままだと運べないなぁと、カウンター越しに話してたんです。そうしたら「じゃあぼくが設計します!」って声があがりました。

くどう

それで、「パーソナル屋台」が生まれたのですね。

田中さん

面白がってくれたのが、ツバメアーキテクツの山道拓人さんという建築家の友人でした。彼らが約1年もかけて設計してくれて。「元子さん、これで一生できますよ!」と言って誕生したのが「パーソナル屋台」です。わたしはこれを持ってまちへ出て、無料でコーヒーを配ることにしました。この屋台は、頑丈にできていますし、この趣味は一生涯のものになると思っています。

きむら

趣味っていうところが、ポイントですね。

田中さん

とにかく東京が好きなので、まずは身の回りを愛するところから始めた程度のことなんです。しかも、趣味だったら、わたしの気持ちでやればいいじゃないですか。コーヒーを口実に、人とコミュニケーションを取れるということが何よりの収穫です。何よりも驚いたのが、パーソナル屋台ひとつで、そのまわりに小さなコミュニティが生まれるってことです。わたしは、これも「公共」だと思いましたし、この公共を"マイパブリック"と呼ぶことにしました。公共は、個人でもつくることができる!と実感しています。

正しさよりも、誰もが安心できる関係性を。

よしだ

ちなみに、パーソナル屋台の出没ポイントは事務所の近くなんですか?

田中さん

これまでは、私道や公園、事務所の軒先やオフィス街の公開空地など「やっても良いよ」と言ってくれた人の好意で、約20箇所でやらせてもらってきました。今後は、公園や公開空地などでできるといいなと思っています。都市の問題を含んでいるような場所で、一時でもフリーの振る舞いを行うことで、その都市の可能性を多くの人が感じられる状況になったら嬉しいですし。

きむら

「都市の問題を含んでいる」っていうのはどういうことでしょう?

田中さん

たとえば、日本の多くの公開空地は、機能不全に陥っています。「公開」と言いつつも、実際に公開と言える状況にありません。ツツジを角刈りした目隠しを張り巡らせて、見えない場所にひっそりとベンチが置かれていても誰もわからないですよね。そこに屋台を持っていって、「さぁ、みんなコーヒーを飲もう!」って言ったら、名前だけ公開だったものもリアルな公開になるのではないかと。

公開空地 / こうかいくうち

建築基準法の総合設計制度。開発プロジェクトの対象敷地に設けられた空地のうち、一般に開放され、歩行者が自由に通行または利用できる区域(オープンスペース)のこと。営利目的な施設や、長期間にわたって常設占有はできないことになっているものの、イベントなどの一時的な利用は可能とされる。

田中さん

パーソナル屋台を出したことで、こんなに道が賑わったのは何十年ぶりですって喜んでくださって。「また来てください」と言われることがよくあるのですが、その時に必ず「次は、あなたがやってください」と伝えています。パーソナル屋台は誰もができることなんです。よく、田中さんだから、できると言われることもあるのですが、そうではありません。その人だからこその佇まいや振る舞いから、新しいコミュニケーションが生まれる。このマイパブリックを、他の人にも楽しんでほしい。

きむら

通りがかる人たちは、普通に近寄ってくるものなのですか。

大西さん

実際、僕らは屋台の内側でおとなしくコーヒー淹れて黙っています(笑)。僕らに気づいた人が近づいてくると、ある瞬間フリーの文字が見え始めるわけですよ。そこで「無料なんですか?何されてるんですか?」と質問されます。そこから、「コーヒーでも飲んで行きますか?」とコミュニケーションが始まります。

きむら

その屋台でのコミュニケーションの始まりって、人と人との関係性が生まれる瞬間ですよね。

田中さん

まさにそうですね。屋台に立つわたしと、たまたま通りがかった人との間で、一杯のコーヒーがきっかけでコミュニケーションが生まれる。その姿を見て、気になった方が、また近づいてくる。そうやって、純粋な思いからコミュニケーションが連鎖していきます。実は、こういう関係性に近づけば近づくほど、人は幸せになれると思っています。

100人やっても、全ての人が面白い屋台のワークショップ。

大西さん

パーソナル屋台を多くの人たちにも体験してもらいたいと、ワークショップを全国へ展開しています。参加者の方々へのお題は、「あなたなら、まちのどこに出て、どんなことを無料で振る舞う屋台をやりますか?」だけです。それに田中が「まちの問題を解決するようなことは一切やめてください。あなたがやりたいことをする屋台にしましょう」と加えます。

すると、みんないきいきと面白いものを提案してきます。「大好きな文房具コレクションをみんなに見せたい」、「世界のFMを聞くのが大好きだから、その場所と空間にあったFM局をセレクトして流す屋台をやりたい」とか。とにかく次から次へと出てくるんです。これまで様々な場所で、子どもから高齢者まで、500人以上の方々に参加いただいたのですが、つまらないと思うものは、ひとつもありませんでした。つまり、個である人間は全員が面白い!これは僕らにとって大きな発見でした。

くどう

それは、すごいですね!全ての人が面白い。

田中さん

ワークショップでグループワークは一般的ですが、そうすることで良いアイデアが複数でると勘違いしていると思います。むしろその逆で、グループ内の人に遠慮をして、自分のアイデアを伏せてしまうことが多々起きているのではないでしょうか。わたしは"屋台は半分は人でできている"と考えているので 、ワークショップでは、その人の正直な部分を引き出したい。「とにかく自分がやっていて楽しいことを、まちでやろう!」というのが、決まり文句です。

大西さん

都市の話に関連づけると、パーソナル屋台は人々がまちへ出て何かをやるという能動性を底上げする試みでもあります。小さなお店を持つかもしれないし、大きなビジネスに発展するかもしれない。そういったステップアップできる状況が、わたしたちが生きるまちには必ずあるべきです。けれど、今の日本では、そのステップが踏みづらくなっていると思うのです。

よしだ

100人の人に、100色の引き出しがあるというのは面白いですね。もっと自分の個性をアウトプットできる場所が、一人一人にあったら全然違う世の中になりそうです。

田中さん

多くの会社では、社員は個人名を伏せ、会社を背負ってスムースな歯車でありなさいと言いがちです。その方が管理もしやすくて、安定した利益が出る時代もあったのだと思います。しかし、今はもう時代が変わって、その居心地の悪さに気づくべきタイミングなのではないでしょうか。

個人力の可能性が広がる社会。まずは、一人から。

きむら

たぶんそういう意味では、経済活動のあり方が変わらなきゃいけないんですね。個人の価値観が変わるとき、社会側がどうそれを受け入れられるの?と。

田中さん

今までは、"個人よりも集団"と、歯車になることが求められてきましたよね。真の個人らしさを捨てた状態だからこそ、「仕事のオンとオフを使い分ける」と言うわけです。仕事の時は仕事マンで、休みの時はパパですと。わたしは、そこにとても違和感を覚えるんです。どう頑張っても、その人は一人の人間でしかないんですから!

きむら

そのほうが、企業社会は都合がよかったんでしょうね。

田中さん

最近は、働き方に関心を持つ人も増えてきました。誰かがつくった既存の仕組みや枠組みの中で判断するのではなく、わたしたちは何を目指し、これから何が必要なのか?を自ら考える。慌ただしい毎日を過ごすだけでなく、考える時間そのものを社会が共有していかなくてはいけないと思います。

きむら

個々の人にとって、選択肢が少ない気がしています。これは、バランスの話というか。

田中さん

結局、バランスをとりたいから足りないことについて訴えているだけなんですけどね。得てして極端な考え方だと捉えられることもあります。ひとりの人間に対する理解も同じですよね。

きむら

たぶん、人それぞれの違いを許容できない人が増えてるんですかね。

田中さん

子どもの頃から、一人で過ごすことが良くないことのようになっている気がします。大人や親になってから、学校に行ってる子に「友達できた?」とか言うじゃないですか。それも余計なお世話だと思っています。友達をたくさんつくったから幸せなわけでもないし、一人で過ごしていても、豊かに過ごしていればそれで良いと思うんです。一人での過ごし方やソロ活動に対しても、もう少し認められるといいんじゃないかな。幸せづくりは、まず一人からですよ。

大西さん

「孤独は嫌なもの」と大前提のように共有してしまうのはもったいない。想像力を働かせることができていれば、孤独が充実している人にも、みんなが楽しいという人にも、尊重できる。

田中さん

そのような下地は、今だからこそ一番必要なものだと思います。

くどう

今回は、パーソナル屋台を通して、一人ひとりが個人であることの可能性について深く知ることができました。次回はいよいよ後編です。お二人が現在取り組んでいるグランドレベルについても聞いてみたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート