ホーム

客員研究員との対談その7<後編>許しあうことがシアワセ

田中 元子(たなか もとこ)
株式会社グランドレベル

1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀とクリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。建築、まち、都市などの専門分野と一般の人々とをつなぐことを探求し、建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのキュレーションなどを行ってきた。2014年、毎号2万字インタビューを実施し、全国の建築系教育機関等へ無料配布する建築タブロイドマガジン『awesome!』を創刊。同年、『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(エクスナレッジ)を上梓。2016年、株式会社グランドレベル設立、代表取締役社長。

大西 正紀(おおにし まさき)
株式会社グランドレベル

1977年、大阪府生まれ。2001年、日本大学理工学部建築学科卒業。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程前期修了(高宮眞介研究室所属)。修士設計にて駿建賞受賞。その後渡英し、2003~2004年、設計事務所 Ushida Findlay Architects UKに勤務。帰国後、田中元子と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。編集者・建築家・クリエイティブディレクターとして様々な企画やプロジェクトに従事。2016年、株式会社グランドレベルの創業に参画し、リサーチャー兼ディレクターを担当。
株式会社グランドレベル

所長きむら
いよいよ、田中 元子さん・大西 正紀さんのお話の後編です。「シアワセづくりは、まず一人から〈中編〉」では、お二人がパーソナル屋台のワークショップを通して、一人一人の発想の面白さや、個人の力の大切さについても詳しくお話いただきました。
所員くどう
後編では、株式会社グランドレベルを立ち上げた経緯とともに、国内外のグランドレベルの事例を伺っていきます。田中さん・大西さんにとってのシアワセとは何か?果たして法則はあるのか?というところも聞いてみたいと思います。
田中 元子 さん
はい!よろしくお願いします。
大西 正紀 さん
どうぞ、よろしくお願いします。

1階づくりは、まちづくり。グランドレベルの始まり。

きむら

グランドレベルを立ちあげたのは、昨年2016年でしたよね。これには何か転機があったのでしょうか?

田中さん

パーソナル屋台を持って、まちのいろんなところに出没してはコーヒーを無料でふるまっていると、普段よりもじっくりとまちを観察するようになっていきました。すると、良い場所もあれば、そうではない場所も。歩道に公園、公開空地、お店の軒先にオフィスビルの1階、タワーマンションのロビー...。まちを見ていて、あるとき閃いたんです。"1階づくりはまちづくり"だ!って。そこで、2016年の9月1日に会社を立ちあげました。とにかく、あらゆるグランドレベルづくりをコンサルティングする仕事を受けています。

くどう

「mosaki」としてではなく、「グランドレベル」として名前も新たにスタートされたのはどうしてですか?

田中さん

たとえば、建築物を評価するときは、大きくは建物全体を見ます。でも、まちについて考えてみると、歩く人々は1階部分しか視覚に入っていない状態にあります。逆に建物の中で、まちに関わる要素が最も大きいのは1階(低層部)です。その大切な1階は、まちを歩いているわたしたちが手を加えることはほとんどできません。つくるのは、建物や都市を設計する人や不動産屋であり、1階でお店や事務所を構える人々です。その人たちの多くが、グランドレベルと、どう関わっていいのかわからなくなっているのではないかと。1階や、グランドレベルが大切だということと、いろんな可能性があるということを伝えて、今の状況を変えていきたい思いからスタートしました。

きむら

より深くまちとつながり、特に1階が持つ可能性を広めていこうとされているのですね。

田中さん

はい。おばあちゃんが、軒先の花をどうすれば良いかという相談から、都市計画レベルの話も受けるつもりではじめました。

大西さん

蓋を開けてみると、本当に様々な相談ごとを、この最初の1年でいただいています。持っている土地の再開発や、公園づくりを手がける大手デべロッパー。まちづくりで困っている行政関係の方々、リノベーション一棟物件の1階の使い方を検討されていた不動産屋、まちづくりの活動も手がける町医者の方まで。

田中さん

会社を立ち上げて、ようやく1年が経とうとしていますが、最初の1年は、種を蒔く時期でした。これからさらに、いろんな試みを起こしていこうと考えています。

くどう

田中さんが撒いた種が、これからどのように花を咲かせていくのか気になりますね。

海外のまちづくりと、ベンチがもたらす都市の変化。

よしだ

グランドレベルの視点で聞いてみたいことがあります。今の海外都市の取り組みで、印象的なところはありますか?

田中さん

これまで、いろいろな国の都市を巡ってきました。コペンハーゲンや台北、ポートランドなど、わたしたちが好きな都市は、行政側が基本的に地域の人たちが能動的に関わることを信じています。あれもこれも禁止にしてしまう日本とはまるで違います。

グランドレベルのつくられ方を見ても、サンフランシスコでは、1階店舗の歩道に対する開口率などが、すべてルールとして決められています。いかにしてアクティブな状態をつくるのかを、よく考えられています。わたしたちが考えているグランドレベルの視点は、海外では既に共有され、盛り上がりを見せていることを会社を立ち上げてから知りました。どの情報も日本に入ってこない状況なので、そういった海外の方たちとの交流も行っていき、グランドレベルづくりの一助になれたら良いなと思っています。

コペンハーゲンの住宅街の街角に設置されたベンチ。「デザインクオリティが高いベンチは、目に入ると用が無くても座りたくなってしまう。」と大西さん。

大西さん

グランドレベルの視点で、わたしたちの身の回りにある施設を見てい くと、ほとんどの施設で活用しきれていないことがすぐにわかります。しかし、そこの可能性は果てしなくあります。最近、わたしたちの中で最も注目しているのがベンチです。

田中さん

ベンチは、どこにでも通用するツールだと思うんです。まず、日本は歩道にベンチがありません。これから、高齢化社会を迎えるからこそ必要だということも言えるのですが、ベンチはすべての市民が人間らしい生活を送るための最低限のインフラなんです。世界のベンチをリサーチすると、ニューヨークのcitybenchというプロジェクトがあります。これはニューヨーク市内に2,000のベンチを戦略的に増やしていこうというものです。まちにストリートベンチが増えることで、市民の行動範囲が広がり、人々が出会う確率を高め、コミュニケーションを醸成させます。最後は健康の向上につながるので、医療費の削減させることができるとニューヨークでは捉えられています。ベンチは、ただ座って休む場所ではないのです。

くどう

そうですよね。ベンチがあるだけで人を集めますよね。都内でも、緑道のところにすごくベンチがあって、ものすごく賑わっている街もあります。

田中さん

日本のベンチは、しぶしぶ置かれているものが多いのが、残念です。そうではなく、「みんな、ここに座って!」というポジティブな気持ちで設置するべきなのは言うまでもありません。そうしたことひとつで、ベンチが人々に与えるパフォーマンスは変わってきますよね。

住む人と働く人がつながる。街にひらいた私的な喫煙所。

田中さん

パーソナル屋台を持ってまちへ出て、マイパブリックという概念に気づき、1階づくりがまちづくりだと思い会社を立ちあげました。そのプロセスの中で、大きな気づきを与えて下さったのが、わたしたちの事務所から近くにお住まいのおばあちゃんでした。お家の玄関先には、なぜか業務用の灰皿がドンと置かれているんです。そこに、周囲のサラリーマンたちが集まってきては、玄関前でタバコを吸っていく。

きむら

どうして業務用の灰皿が!?

田中さん

おばあちゃんが、そのお家に暮らし始めた当初、家の生け垣にタバコのポイ捨てが多かったそうで。普通なら、そこで「禁止」の看板を出すじゃないですか。でも、業務用の灰皿をあえて置いたそうです。しかも、おばあちゃんは、その玄関先によく座っていて「今日はどう?」みたいな会話をサラリーマンたちと交わしているんですよ!

よしだ

それは、逆転の発想ですね

田中さん

わたしも気になって、聞いてみたことがあります。「玄関の前に灰皿を置いて、何度も灰皿を替えていて。大変じゃないんですか?」って。そうしたら、「わたしは、病院に通っているおじいちゃんを日々待たなくてはいけないから、やることもそれほどないし良いのよ」と。むしろ、コミュニケーションが楽しいと言うのです。そこから、その灰皿とおばあちゃんを介して顔見知りがたくさん増え、挨拶をするようにもなっていって、住む人と働く人の小さなコミュニティーが育まれていったのです。この状況にとても感動しました。

くどう

なかなかできないことですし、おばあちゃんの人やまちとの関わり方が素敵ですね。

田中さん

はい。でも、最近になって灰皿がなくなりました。代わりに外壁に張られたのは、「ここでの喫煙は禁止です」という区がプリントした2枚のポスター。灰皿は家の軒先でしたが、少し道路に出ていたのを、きっと役所の人が見つけたんでしょうね。

きむら

取り締まられちゃったんですか...。

田中さん

びっくりしました。それ以降、おばあちゃんを街で見る機会も減ってしまって。その通りからも人気がなくなりました。たかが灰皿ひとつかもしれませんが、おばあちゃんにとっては明らかに生きがいの一部でした。自分で行う趣味とは違って、外の人に対して公共的なことを行うものです。わたしは、あまりにショックで一週間ほど落ち込みました。

大西さん

灰皿が無くなったにも関わらず、今でも、ポケット灰皿を持って何人かサラリーマンたちが自然と集まってきています。彼らにとっておばあちゃんと一言二言交わすことが、一日の中の大切な気分転換だったはずです。

田中さん

ルールを徹底させ、個人力を弱める典型的なカタチです。マイパブリックとしても、かなり先端的な素晴らしい事例だったと思っていますし、パーソナル屋台や、その後グランドレベルという会社を設立したことにも、少なからず影響を受けています。

くどう

おばあちゃんにとってのマイパブリックも、まさに"私は好きでやってるだけよ"とう姿勢だったわけですね。

個人力で賑わう、コンビニの可能性。

田中さん

もうひとつ大きく影響を受けたのは、家の近くのコンビニです。ある時、パンを置くべきパン棚のパンを片付けて、そこにDJ台を置いてDJイベントをはじめました。これを普通に営業しながらやっているんです(笑)。音楽を聞きながらノリノリになっている中に、まちに住むおじさんが、いつも通り普通にビールを買いに来る。店の中で、みんな踊りまくっているのだけど、おじさんは「ちょっとゴメンねー」って言いながらビール缶を取って、お金を払うときも「今日は、やけに賑やかだね〜」って。お互いが受け入れ合っている光景は、とっても素敵なんです。

田中さん

でも、考えてみれば、コンビニは現代社会において、かなり公共的な存在ですよね。子どもから高齢者まで、職業や立場に関わらず誰しもが使う施設って、コンビニ以上のものはないのかと思うほどです。そんな誰にとてもひらかれた場所で、こういったイベントをしかけている店長のセンスが良くて。

大西さん

隣にビジネスホテルがあるんですけど、たまたま来た地方のお客さんが、東京のコンビニは違うんだねって(笑)。通り側に3席のカウンター席があるんですが、そこの壁にエレキギターがかかってて、チラシが置いてあります。チラシを見ると、地下のスペースではギター教室を一回1,000円で開催!と書いてあったり。平日は、町内会なんかにも使われたりもしていて、地元のおじいちゃん、おばあちゃんが集まってたり、落語の寄席なども開催されています。

よしだ

まちに開かれるだけでなく、根ざしてもいて最高ですね。

大西さん

定休日の日曜日は、商品が無くなる棚があるから、みんなの好きな物を入れてフリーマーケットやろう!って、はじまったり。それをまた常連のお客さんたちが一体となって、企画や運営までやってしまうんですよ。

きむら

すごいな。コンビニの多様性がでると、めちゃめちゃ面白いですね。

田中さん

このコンビニも、以前は今の店長のお父さんがやっていた、少し薄暗いお店でした。それがある時、息子さんに変わって、表にレコードのジャケットが並んだり、お店が明るくなったり。お客さんたちとコミュニケーションをはかりながら、喜んでくれるならと様々な試みをはじめています。そこで発生するたくさんの個人力が連鎖して、お互いを受け入れながら、なくてはならないコミュニティになりつつあります。

グランドレベルのお二人にとって、シアワセの法則ってありますか?

きむら

最後に、グランドレベルのお二人にとっての、シアワセの法則をお聞きしたいです。

田中さん

わたしは、"許せること"だと思います。寛容や許容こそ財産じゃないかと。

大西さん

寛容や許容は、人間関係だけではなく、家や都市のつくり方にも現れてくるものです。家に外壁ができたのは、生活空間に区切りをもたせたり、プライベートを守るためだったと思うのですが、行きすぎると外界と隔離されてしまうことによって、さまざまな問題が起きてしまいます。社会で起きている多くの問題は、寛容さをもったグランドレベルのデザインになっているかどうかに、かかっていると思います。

田中さん

たとえば、ご近所づきあいに煩わしさがあるとしたら、その煩わしさのいくつかは「この街に住んでいるんだから、こうしなさいよ」という、その街の同調圧力や、誰かが許してくれなかったことが、いろんな面で歪んできた現れだと思うんです。けれども、そのように寛容になれない背景や歴史が複雑だとしても、多様であることを許すことがシアワセにつながっていくのではないかと思います。

田中さん

先ほどお話したベンチや、おばあちゃんの灰皿の話がそうだと思うんです。自分が居ることを許してもらえる領域、他者の多様さを許せる領域。許容とは、"のびしろ"や"のりしろ"みたいな、あらかじめ用意した、ルーズな空白だと思うんです。プライベートとかプライバシーといった自分のコアを包む、クッション材みたいなもの。やせ我慢して仕方なく許す、という話とは全く別のこと。だから、許される側だけではなく、逆側もまた、しあわせだと思う。個人であれ企業や行政といった組織体であれ、それぞれの許容が、具体的なかたちでグランドレベルに溢れることを、わたしたちは目指しています。それは「しあわせそのもの」をつくることだと考えているんです。

くどう

許し合い、認め合いながら、街の中に自分の居場所を見つけていったり、街の人との関わりが広がってったら、自分の毎日も、みんなの毎日も、明るいものになりますよね。

よしだ

おばあちゃんの灰皿の話は、まるでオー・ヘンリーの短編にもなるような印象的なストーリーで、心がとても揺るがされました。

(対談を終えて...)所長きむらのひとこと
アーバンキャンプ、けんちく体操、パーソナル屋台、マイパブリック、そしてグランドレベル。様々なキーワードで語られたお二人の活動に一貫して感じるのは、なんか、強烈な「愛」です。その愛は四次元的というか、瞬時に時間軸まで越えてしまうというか...。建築や公共って、過去と未来をつなぐ時間、そして「今」という時間をどう生み出すかに関わっているんだということを、お二人の話からすごく感じました。田中さん、大西さんの活動は、空間に関わりつつ、そこにある時間を愛おしくしているのだと思います。
記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート