ホーム

客員研究員との対談その9<中編>意味のある仕事をつくる。

西村 佳哲(にしむら よしあき)
リビングワールド

1964年東京生まれ。プランニング・ディレクター、「リビングワールド」代表、働き方研究家。大手建設会社を経て、つくる・書く・教える、3領域の仕事に取り組む。2014年に東京と徳島県神山町での二拠点居住を開始。2016年から、同町の「まちを将来世代につなぐプロジェクト」に一般社団法人神山つなぐ公社理事として参画。インタビュー(きくこと)を中心とした、ワークショップやフォーラムを企画・主催。著書に『自分の仕事をつくる』(2003年 晶文社/ちくま文庫)、『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』(2010年 弘文堂)、『一緒に冒険をする』(2018年 弘文堂)。
リビングワールド

所長きむら
みなさん、こんにちは。西村 佳哲さんのお話・中編をお届けします。「自分がどう働くか?の先へ〈前編〉」では、西村さんが「働き方研究家」という肩書きを持つに至るまでの動機や、その研究過程で得てきた独自の仕事観を伺ってきました。
所員くどう
中編では、徳島県・神山町にいる西村さんを訪ねます。他拠点居住として新たな土地に移り住むことになったきっかけや、その後の営みについてもう少し詳しく聞いてみたいと思います。
 

日本各地を訪ねて出会った徳島県神山町

「神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス」を案内する西村さん

きむら

神山町は、IT企業のサテライトオフィスが集まり、様々な人が移住されている町だと聞いています。こうして実際に来てみると、羽田空港から1時間弱、徳島市内から車を走らせて45分ほどの距離感はアクセスしやすく感じました。

くどう

自然豊かな山間の町ですよね。奥地に進むほど、家の姿が少しずつまばらになっていくようで。

西村さん

そうですね。町民は5,300人弱なんですけど、町域は川に沿って奥に深く、東京で言うと新宿駅から日野くらいの距離があります。5つの村が統合されて神山町になったと聞いています。町内には集落がいっぱいあって、例えるなら「ぶどうの房」みたいな感じで。その房をつなぐ茎というか、町の背骨が鮎喰川(あくいがわ)です。

よしだ

そもそも、神山町に行くことになった経緯についても知りたいです。

西村さん

今から10年前に、神山町のNPO法人グリーンバレーの方からWEBサイトをつくりたいと連絡がありました。そこで、訪ねて出会ったことがきっかけですね。彼らは、1999年から神山アーティスト・イン・レジデンス「KAIR」の活動をスタートしていて。毎年、国内外から3組のアーティストを募集し、夏の終わりから2ヶ月ほどの滞在制作を経て展覧会を開催していました。小学校の子どもたちや町の人々と、国際文化交流の機会を生み出してきたんですね。

アーティスト・イン・レジデンス

国内外で芸術制作を行うアーティストを招聘あるいは募集し、特定の地域に一定期間滞在しながらリサーチや地域間交流を通じて創作活動を行うプログラム。

きむら

きっかけはWEBサイトの制作だったわけですが、そこからどうして実際に暮らすことにまでなったんでしょうか。

西村さん

もともと僕は、東京生まれの東京育ちなんですけど、「東京以外に、もう一箇所住んでみたいな」って気持ちが昔からずっとあって。理由は良くわからなかったんですけど。「どこかないかなー」みたいな感じで、ずっと探してたんですよね。日本のいろいろなところをレンタカーで周って。でも、カフェに行って温泉に入って、「良いとこだね」なんて言いながら帰ってきて。だいたい日本のどこに行っても、基本的にいいところが多くて。これをずっとやってくと観光旅行で終わっちゃうなと(笑)。

きむら

やりたいのは観光ではないと(笑)

西村さん

もうどっか決めよう!って感じに段々なってきて。じゃあ、縁があるところにと思って、仕事で縁ができていた神山に決めました。WEBサイトをつくった後も仲のいい人が数人いたことで、年に1、2回通って訪ねるようになっていたので。最初は土地を買おうとしたんですが、中々まとまらなかった。2014年春に家を借りる方向に舵を切りなおして、貸してもらって住んでますね。それで、今は暮らしの6割ぐらいが神山、2割ぐらいが出張、残り2割が東京にいる。経緯はそんな感じです。

西村さんと巡る「神山のいま」

西村さん

そういえば。さっき話していた、神山アーティスト・イン・レジデンス「KAIR」を巡る小さなツアーがあります。みなさん、行きませんか?町の様子も一緒に見て行きましょう。

きむら
よしだ
くどう

はい!ぜひ!!

「神領」と呼ばれる地域にある、標高250メートルの大粟山(おおあわやま)に点在するアート作品を、KAIR実行委員会会長・杉本哲男さんの案内で巡った

自然と溶けうように存在するアート作品。アーティストは、数ヶ月間の滞在制作を経て、まちを会場に展覧会が行われている

大粟山の山頂付近から見えた神山町の様子。美しい里山と人々の営みが混ざり合い、このまちならではの風景が感じられた

神山町内を歩きながら散策。古い町並みが残り代々続く営みがあった。和菓子屋さん、写真館やクリーニング店の姿も

寄井商店街がある通りには、WEBの制作会社「モノサス」など、様々な企業のサテライトオフィスが開設されている。

サテライトオフィスが集積する建物の裏手に、ひっそりと当時の面影を残し建っているのは昭和4年に創設された「寄居座」。2007年、NPO法人グリーンバレーの手により蘇った。

築150年の古民家を改装した「さあ行こう!」という意味を持つビストロ、Café on y va(カフェ・オニヴァ)

東京から移り住み、Café on y va(カフェ・オニヴァ)をオープンした齊藤郁子さん。神山の人たちと家族のような関係性を育まれ、様々な試みやたくさんの夢を語ってくれた。

「血中意味度」の高い仕事とは?

きむら

ここまで神山町内をご案内いただいた中で、世の中にある仕事そのものを、どんな風に見ていらっしゃるのか気になりました。

西村さん

働き方研究を始めた頃、自分自身が上手く働きたいしクリエイティブでありたいって思いがありました。でも、会議やミーティング、一人の個人の働き方が創造的になったところで、やっている仕事自体に意味があんまり無かったらしょうもないじゃない?と今は思っていますね。

よしだ

「やっている仕事自体の意味」ですか。

西村さん

はい。これ以上つくっても社会が劣化するだけだとか、これ以上頑張っても結局プライス競争になってチキンレースが厳しくなるだけ。そういう、どこかにしわ寄せがいく状況があります。その会議をクリエイティブにやろう!みたいな動きはね、ちょっとやめてほしいって感じなんですよ。

きむら

あー、なるほど。

西村さん

だから、仕事とか働き方をなんとかしようっていうことよりも、「これは本当に意味があるよね」とか、「今これは本当に必要だね」っていうような、新鮮な意味がたっぷり含まれている。言ってみれば「血中意味度」みたいなものが高い、そういう仕事そのものをつくることの方が今は大事だと思っています。

よしだ

「血中意味度の高い仕事」っていい表現ですね。

西村さん

今は、仕事をつくる人がいないんですよね。働く人はいっぱいいるんだけど。本当にたくさんの人が雇用されていて。で、働き方をなんとかしようって言ってるんだけど、いやいやそっちじゃなくて...。意味がたっぷり含まれている仕事をつくりだすっていうことの方が足りない感じがします。

くどう

そうですよね。働き方とともに、「どんな仕事」あるいは「どんなこと」のために仕事をするみたいなところは、今すごく大事な気がします。

いま、仕事をつくる人がいない

西村さん

意味が感じられない仕事をするのは、精神的につらいですよ。働く中で鬱っぽくなっちゃっている人も多い。

くどう

この社会でどんなふうに働いていくかは、働く人によってそれぞれ違いますよね。でも、精神的につらいのは...。

西村さん

ロシアの刑罰で、そういうのあるらしいんですよね。底に穴の空いてるバケツで、A地点からB地点に水を運び続けるっていう。これは、意味が感じられない仕事は人の精神にダメージを与えると、その刑罰を考えたロシア人が知ってるってことですよね。

きむら

うーん。想像しただけでも、きつい感じがしました。

西村さん

でも、それに近いような事が起こってるんだと思うんですね。普通に。もう、その辺の大企業や霞ヶ関とかそういうところでも。何も考えずに、ただ仕事をすることほど人間をバカにしてしまうことってないんじゃないかと。だから今、意味のある仕事をつくる人が必要だなと思いますね。

きむら

西村さんがいろいろな働き方見てこられた経験の中で、さっき使われた「意味」をどういうふうに捉えておっしゃられたか、もう少し詳しく聞いてみたいです。

西村さん

意味のあり・なしって、本来的には他人がどうこう言えることじゃ無いですよね。なんていうかな。社会的にインパクトがあるとか、課題を解決するから「意味がある」ってわけでもないと思う。その新しい何かを投じることになるかは他人にはわからない。でも、本人はそこに自分の命のようなものを投入するに至って、何かを実践的に創り出していく。
誰かが言っているからではなくて、自分がこれは信じられるとか、これには愛をいくらでも入れることができます!みたいな。そういうものを見つけることが出来れば、どんな仕事でも意味のあるものになっていくと思っています。

きむら

他人が決めることじゃなく、本人にとっての意味なんですね。

どう生きていきたいか、自分に聞いてみる

きむら

働くことや仕事の意味を突き詰めて考えてみることで、自分にとっての生き方も変わってくる気がします。

西村さん

僕は、空虚なものが増えないといいなって感じなんです。つくり手自身が、「本当はこれ要らないよね」って言いながら...でも変わらずつくってるみたいなものが増えてくると、虚しさがそこらじゅうにあるという状態になっちゃうので。
それは辛いなって思うんですよ。何に意味を見出せるかは、本当にその人次第なので。本人が自分にちゃんと耳を開くっていうか、耳をそばだてていないと聞けないし。

きむら

たぶんそういう意味では、経済活動のあり方が変わらなきゃいけないんですね。個人の価値観が変わるとき、社会側がどうそれを受け入れられるの?と。

くどう

お話を伺っていると、西村さんが今、神山で参画している働きにもつながっている気がしました。

西村さん

いろいろな仕事を全部一個一個ひっくり返していけば、意味のある仕事につくり変えていけると思うんです。

よしだ

今回は、西村さんの働き方の背景に触れたような感じがしました。本人にとっての「血中意味度」に心をひらいたり耳をすませてみることで、今後の働き方が変わってくるかもしれません。

きむら

西村さんのご案内で、この町に暮らし働いている様々な人に出会うことができました。そのお話も、今後番外編としてご紹介したいと考えています。

くどう

次回はいよいよ後編です。西村さんが現在取り組んでいる神山町のプロジェクトについても聞いてみたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

記事をもっと見る
Facebookにシェア
ツイート